for-visitor

「はじめまして」の方へ

トップ「はじめまして」の方へ

「そこまでやってくれるんだ」の為に。

他の会社よりも「ぐっと身近な存在」
目指しています。

不安がつきまとう不動産売却に「安心感」を。

例えば、物件を手放す際ひとつ取っても、イリス管財の特徴は出ます。 お客様の物件を預からせて頂くその前から、イリス管財では先に該当物件の購入希望先を探すところからスタートすることでもございます。 それゆえ、他社にはないスピード感を実現が可能です。 このスピード感というのは、物件の売却を検討されている方にとっては大きな安心感、信頼感へ繋がることがあると考えています。

夢や目的があって購入した不動産だったはず

どのお客様も、夢や理想、目的があって不動産を購入されているはずです。 そのような不動産を手放す際というのは、どんな理由があれど「不安」はつきまとうものだと思います。 イリス管財では、そういった不安に対して、寄り添う姿勢を決して忘れずに、お客様と大切な不動産のお話をし続けています。

お客様の「気まずさ」や「面倒臭い」を引き受けます

不動産を売却する際に、現在、賃貸の管理をしている会社さんに売却報告と賃貸管理の切り替え依頼をする必要があります。 その依頼は、元々不動産を購入した会社さんに、お客様がご連絡をする必要があります。 しかしその際に、購入元の会社様と良好な関係が築けていない場合、「なんで売るのか」「うちから変えないで欲しい」等と、購入元の会社様から言われ、それを面倒に煩わしく感じるお客様もいらっしゃいます。 不動産を売却する場合、物件を管理する会社はその都度変えていくことが一般的です。 しかし、悪質なケースでは「売却はしてもいいが、このまま管理はさせてもらう」と言い張る会社も存在しており、その場合は「管理料を二重で払うことになる」といったことがお客様に起きてしまいます。 イリス管財では、これらのような「交渉」はもちろん、「気まずさ」「面倒さ」なども、お客様の代わりに、ご対応を引き受けております。

きちんと委任状を交わさせて頂き、お客様の代わりに責任をもって賃貸管理契約の切り替え手続きをさせて頂きます。

「売るのが手続き的に面倒」
というイメージを払拭します

契約から決済に至るまで、もしかしたら「めんどうなこと」が多いイメージかもしれません。 イリス管財では、ほとんどの手続きを代わりに実施させて頂いております。 少なくとも、購入時に感じたご負担よりも、ずっと楽に感じて頂けるかと思います。 お客様に行って頂く作業は最小限にすること。 これも弊社の大切にしている価値観の一つです。 ここでお話をした弊社のことは、ほんの一部です。

「不安に寄り添う会社」であるからこそ、お客様の「そこまでやってくれるんだ」のお声が聞けるものと、弊社は考えています。

『そこまでやってくれるんだ』の、その先へ。

通常の物件仲介ですと、仲介業者を挟んだ後に
販売会社に連携される事が多くあります。 弊社イリス管財の場合、物件の渡し先が
販売会社のみでは無いという点が特徴です。

  • 物件にニーズのある法人企業様

    物件にニーズのある
    法人企業様

  • 物件にニーズのある一般の方

    物件にニーズのある
    一般の方

など、販売会社様以外にも物件にニーズのある方々を
物件紹介先として有しております。

イメージして頂きたいのが、
例えばご自身の大切な資産、時計だったり、
それこそ物件だったりの売却を考える際に 「私はいくらで買いたい」
「いや、こっちはいくら出したい」
といったように、多くの方が、
ご自身の資産に対して買取を希望され、 その様々な選択肢の中から「あなたに渡したいです」とお決めになる方が良いのではないでしょうか。 その仕組みを、法人として有しているのが
弊社イリス管財になります。 その為、通常よりも物件の価値をさまざまな方向で評価、査定してもらうことになるので、
最も最適な売値を、 お客様にご提示することが可能となっています。

お客様に対し「不動産の価値」を正確にお伝えする。 という弊社の大切な価値観を実現する為の
仕組みがここにあります。

「はじめまして」の、その先へ。 「はじめまして」の、次へ。

『そこまでやってくれるんだ』の、その先へ。

背景画像